プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の音楽(2)
20061231215526


今年お世話になった音楽シリーズ。
夏から秋バージョンです。
トム・ヨーク入れようかとも思ったのですがあえてこれで。

「ヘドウィグ」のサントラとケルト音楽のCDです。
ケルトいいよケルト。


本田選手感じ変わったなあ…
年末ですね
20061228004134
というわけで(どういうわけだ)今年お世話になった音楽シリーズその1(冬~春)。
右、コールドプレイ「X&Y」
左、ジェイムスブラント「BACK TO BEDLAM」
ひねりなし。笑

どちらも英国から日本まで波が届くのに結構時間がかかってる様子。うーん、ブームが地球半周するって大変なんですね(・・;)
デルタ・グッドレム
久しぶりに音楽話。
で、ポップスを。珍しいかも。

なんだか最近とみにプッシュされてますねー。(MSNのトップページとか)
日本版「イノセント・アイズ」のジャケットのうさぎさんに一目惚れ。
うーむ、女子力全開なCDのビジュアルですね(笑)

「Flowed」が某映画の主題歌なのだそうですが、個人的には「Last Night On Earth」とか「Never Fades Away」のが好き。
(なんとなく小谷美紗子の「火の川」あたりと共通するものを感じたのはどういうことなのか。暗い曲の方が好きってことか?笑)

決して「癒し系」ではないと思うのですがぼーっと流してるとなかなかヨイ。じっくり聞いてると物凄く疲れる(あ、どんな曲でもそうか)
バラードなのですがかなりのスピード感を感じたのは不思議。
豪州と英国ではモンスターヒットらしいです(アルバム説明書より)が、さて日本ではどうなるでしょうね。多くの洋楽ポップスと同じようにアルバム1枚だけで忘れられていったら…それもまたどうよ日本の音楽界、と。


MUSE
久々に「ショウビズ」を聞いてみたら。
あれ?と。
こないだ聞いてた「アブソリューション」の印象が残っていた所為か
1曲1曲がキャラが立っている&濃ゆいのは共通なのですが
「アブソリューション」のほうがエッジがきいてるというかキレがあるというか
「ショウビズ」のほうがおとなしいというか。
(MUSEでそんなん思うのってどうかと思うわけですが)
歌い方の所為ですかね?

MUSE。必要以上にドラマチックかつ執拗にせっぱつまっててかっちょいいですね(笑)
恥を晒しますと、CD屋でかかってたのを一瞬昔のRADIOHEADかと間違えたことが(苦笑)
最新版聞いてみなきゃー。
久々に音楽話
Coldplayを。

今までちょこちょこ言及してたわりに話題にしたことはなかったなあと。
久しぶりに「静寂の世界」を聞いたら1曲目のイントロをMUSEの「Absolution」のイントロと間違えた。違うって。
正直1作目のアルバムを試聴したときは大して好きじゃなかったのです
(当時レディオヘッドが自分的ブームだった所為もあり)
「X&Y」は今年の上四半期のヘビーローテーションでした。日本版の発売ちょっと前に最寄のCD屋でかかっててずーっと耳を澄ましてたんだよねえ(挙動不審)
「Fix You」が凄く好きでしつこく聞いてました。
こういうちょっと鼻にかかった硬質な声が好きらしい。
どっか厳しく清冽な印象です。良いです。
おっと、そういえばボーカルの人の名前しらないぞと。(調べろ)

<追記>調べた。クリス・マーティン…ってグウィネス・パルトロウの旦那さん(仮)ですかい(知らなかった。思わず茶を吹きました)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。