プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四行詩
オマル・ハイヤーム「ルバイヤート」
平凡社ライブラリー版、岡田恵美子訳

(メモ)
・オマル・ハイヤーム イラン、本職は科学者、1131没
・四行詩はこの時代の詩の形からすれば異色?
(美女をたたえる歌があまり見られない・短い)
・形式的には絶句みたいなかんじか?
・ざーっと読んだ感じ「平家」とか「方丈記」の頭みたいな無常観をうたったものばかりのような印象
・でも日本のものよりも厳しく乾いた、ぎらぎらした太陽の下で生まれたんだろうなあ、という言葉
・訳出の限界、ペルシャ語で歌わたものを聞いてみたい
・1100年ごろって洋の東西問わず終末観ブームだったのかしら
・本邦初訳は1908年、蒲原有明
・フィッツジェラルド訳の本をみつけた。絵がすごくきれい。
いちねんぶり…とか…
そんなにここから離れていたのかと。

ここ一年はいろいろ忙しかったり入院してたりしまして
本も舞台もかーなーり、ご無沙汰だったように思います

リハビリかねて、だいぶ前に読んだ本をシリーズ(続き物ではないのですがリンクしているということで)メモ。
フロイト話なんで苦手な方はブラウザバックプリーズ。
[READ MORE...]
たらいまわし・本のTB企画 第47回「この作品をこの人の声で聴きたい」
たら本参加連日です(・ш・)b

慧さん宅にて開催中のたら本第47回
「この作品をこの人の声で聞きたい」

!なんて素敵お題!!

…と、思った、の、ですが。


[READ MORE...]
たらいまわし本のTB企画第46回「つい、うっかり」
菊花さんちにて先月開催されました「たら本」第46回「つい、うっかり」
いまさらですがこっそり参加いたします。

(ほ、ほんとすみません…失礼いたしました;;)


[READ MORE...]
ちょっとびっくり
プレゼントにしようと思った絵本があったのです
自分が小さいころに叔父に贈られた(らしい)絵本で
内容がお祝いにぴったりだと思って、同じものを探したのです

そしたら…ない。
いくら密林書店その他いろいろ同タイトルの本を探しても扱ってない。
タイトルをぐぐってみたら絶版扱い。
作者中江さんなのに絶版なのー!?と思って作者検索したら、、

ありました!!

20081109185034


でもタイトルがぜんぜん違う!
私が持ってる版、主人公の猫はシェリーなんて名前じゃないぞ!?

出版社が変わってるせいですかね??
本のタイトルが変わって再版、というパターンは「色の名前」で知っていましたが
本って内容まで変わることがあるのですね…。

ついでに。取り寄せてみたら本のサイズ自体も、私の持ってるのよりひとまわり小さかったです。
いや、これは少しびっくりしました^^;

(手元に届いたとき写真だけとりました、ごめんなさい←私信。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。