プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オペレッタ狸御殿」感想メモ
見た読んだだけで感想を纏めてない、あるいははるか昔に見たため忘れかけている本や映画や舞台の感想メモを文化の日を記念(何)して書いてみようとふと思ったりした訳で。しばらく怪しい感想メモ祭といたします。(宣言してどーする)

とりあえず本日はこれ、いってみます。


オペレッタ狸御殿 鈴木清順、オダギリジョー・チャン・ツィイー


まず。
何が何だかさっぱり判らない
ので頭を空にして絵面を楽しむべきかと。
背景が水墨画だったり南極探検隊みたいだったりいきなり海岸に出たり、夢の中のような脈絡のなさ。プラス、セットが微妙にチープで妙な浮遊感に拍車をかけていた印象。

沢田研二氏がやってた「夢二」がまるっきり理解できなかった(でも絵は綺麗)のですが同じ監督だと知って凄く腑に落ちました。

着物のデザインと美術はかっこいい。舞台でやってるのを撮影した、てな感じのシーンが多くて照明とか舞台美術とか気になって仕方なかった(病気)

脇役チョイ役で結構有名な人がぞろぞろ出てる。
中でも印象に残ったのは平幹二郎さん。あぶない親父殿も歌もそこそこにこなしてる…ように見えるのは他の役者があんまりにもな所為か?平さんで保ってるよこの芝居。
チャン・ツィイーは動きが中国武術的で大変キレが良いため着物が実に似合わない(笑)
オダギリジョーは美しいが歌わんでいいです。(←毒)「歌うオダギリジョー」が見れるという意味ではファンなら必見。かも。「ソーダ水の雨が…」の歌のシーンは好き。
薬師丸さんと由紀さん。いっそ「里見八犬伝」演ってくれ。素敵です。

ていうか役者陣、着物の所作を何とかしてください(涙)
裾捌きひとつで絵面全体がばったばたになっちゃうんだよう…
人がいっぱいいる場面なんかカタストロフィが起きちゃうんですよう…。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/86-7d6d56d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。