プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メランコリア」感想
少し前に上映されてたので見に行きました。
映画館でフライヤーもらうまでキルスティン・ダンストが何演じた役者さんだったか思い出せなかったというね。

メランコリア キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲインズブール、キーファ・サザーランド

(以下追記)
で、フライヤーみて
「………この監督ダンサー・イン・ザ・ダークの人ですか……;;」
と、ちょっと覚悟が必要かなあと思っていたのですが
そんなに落ち込む感じではなかったです。まあ鬱エンドですけども。
(前情報一切ない状態で見に行ったので)

フライヤー(というか、海外版のポスター)が、ミレイのオフィーリアなんです!
色合いとかあの絵と同じような感じできれい。
オフィーリアの絵も映画中に出てきます。
…そういやオフィーリアの狂気ってメランコリアだったんでしょうか。。分裂病説なら見たことある気がしますが。

以下ざらっと箇条書きで。今更私が書いてもn番煎じにしかなりませんのであっさりとね。
・オープニングの映像。本当に、綺麗。絵画的というか夢幻的というか。
・でも長い
・ゆっくりとぼたぼた鳥が落ちてくるのが…これだけで世界の終焉の雰囲気
・主人公のジャスティン、自分なりに頑張って楽しんでるんだろうけどどんどん鬱っていく、周りを待たせる温度下げる、しまいには自分の結婚式ぶちこわす、あれは新郎かわいそうに
・これがひたすら長い
・映像はどこまでも綺麗なんですけども
・手持ちのビデオカメラ回してるような揺れ揺れ映像の不安定さときたら
・鬱なひとにとって、自分が一番うれしそうに見せなきゃいけない華やかな場って、ものすごくしんどいというか厭なんだろうなあ
・姉旦那が。。。が。。。
 しっかり現実主義でいるように見えるひとに限って、一番最初にぽっきりいっちゃうんですね
・姉夫婦宅という豪奢な「場所」自体が、現実社会から離れた孤立した場所なわけで。
 惑星の接近を、ただ何の手だてもなくみつめて現実を失う恐怖にとらわれていく姉と、
 逆に現実感を得て冷静になっていく妹と。
・急に馬が騒がなくなったのがかえって怖いですよあれは
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/299-3b0270f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。