プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの仮面舞台版2010感想
ガラかめ舞台版第二部・完!!(どーん)
前回・2008年の第一部からしばらくたって、マヤと亜弓さんがどうなったのか?!請ご期待!

というわけでいってきました。
音楽劇ガラスの仮面/大阪、シアターBRAVA! @2階席後方真ん中

キャスティングは前回とはサブキャラ陣が変わってます。
新キャストは
姫川歌子:香寿たつき
速水真澄:新納慎也
桜小路優:細田よしひこ

お話、原作中でいえば
全国演劇コンクール失格で劇団つきかげ解散後から「二人のヘレン」でマヤが助演女優賞とって大河オファーきたよー、ってとこまで。

感想少なめな観劇レポ。激しくネタバレ&オタクの批判気味うわ言しますので注意。
○今回は水芸(違)なかった。
○オープニングの演出は前回と同じかな?できれば開演20分以上前くらいから席についていたほうがいいんじゃないかと思います。
客入れの段階で、素の舞台に照明が当たってる状態。袖幕とか全部片付けてある状態なので、設置してある照明や吊物が全部見える。上手・下手側に寄ってみると、舞台袖でリアル裏方さん(だと思う)がスタンバってらっしゃるのも見えました。それにしてもここの舞台、奥行きがすごい。スモークかなり焚いてるなあ
○バックステージツアーのお客さんたちが客席を見渡したりしてる間に、役者さんたちがぱらぱらと客席から上がっていく。今回も役者さん生着替え普通にしてました(笑)

○開演と同時に役者のアップ→発声・ダンス→タップダンス→状況説明。つきかげ潰れちゃってメンバーが公園(…あ、古い教会じゃないのね;)で練習してることがわかります
そして紗幕が開いて……、

月影千草出たああああああ!

夏木さん相変わらず先生だよ夏木さん。月影千草だよ夏木さん。
関係ないですが、つきかげって潰れた割りに劇団員多くない?(10人くらいいた気がする)
あれ、マヤがいない;と思ったら「嵐が丘」の舞台稽古シーン。これが終わったらマヤもいくとこないんですって。つっぱしり気味キャサリン。
○劇中劇のタイトルとあらすじが電光表示(?)される。これって前回はなかった気が。

○それにしても劇中劇、全般にかなり端折ってますね;
前半1時間半で5つの芝居をとっかえひっかえした計算になるのかこれ。
「嵐が丘」;最初からマヤがキャサリン役で呼ばれた設定っぽい?
「石の微笑」「おんな河」;…あれ、原作でこの順番でしたっけ???(要確認)
「石の微笑」の人形役稽古でようやく古い教会が舞台に。あの教会セット+照明好きだ。あ、「竹コルセット」は再現されてました。「おんな河」の「ほんに子守も楽じゃねえ」は、まあそのまま。
マヤが「周りと呼吸を合わせた演技」を学ぶの、もっとちゃんと描いた方が…マヤが「舞台あらし」と呼ばれないんだぜ…
それにしても亜弓さんはかっちょいい人っすよね。「王子とこじき」の客席芝居は一階席じゃないとちゃんと見えないですな。「テンペスト」のダンス、魅せます。台詞、前回よりききとりやすかったような。
○一幕最後でも美内さん絵の特大パネル出たぞやっほい
○大和田さんのお歌はすごいや。かがんだり動いたりしながらであの声量で安定感…

○二幕がまるまる「奇跡の人」絡みですがやはり尺が足らない印象が…(汗)
脚本がアレなのか客が原作知ってるのが前提なのか…?とりあえず原作で出てきた劇中劇はこなしてます、って感じがしなくもない。
「water」をつかむ件、亜弓さんのほうもマヤの方も端折られて;;
感電も「はじける前のヨーヨー」もなかったのが個人的にどうなのと(泣)……「障害物をよけずに階段から転がり落ちる亜弓さん」「顔にボール投げられてもまばたきしない亜弓さん」見たかったのに…(無茶を言うな)
「あの子のまわりに闇が見える…!」見たかったのに(無茶をry)
ヘレン役の最終オーディションは、ベル鳴らすまでにもちっと溜めた方がよかったんじゃないか?金谷さん印象強し。
○今回の演出は「幕」だったのかしら、袖幕がわり?の白い幕がよく風で靡いてた。別荘に紫のバラのひとが来たシーン、紗幕でつやっぽい陰影、いいですね。。。で、そのあとの真澄さんの歌が全部もっていきましたよこれ。
真澄さま…恐ろしい子…!!(白目)
○桜小路くん、は、、うん可愛い。可愛いんだけど。歌は歌わんでいいんじゃないかな本当悪いけど
○香寿さんお歌さすがに安心して聞いてられる
○ごめん源造さん、あなたには執事分が足りねえ…!!!

○紅天女がぶんぶん飛びますぶんぶん。役者さん達が松明?持ってる上をあのひらひらした衣装で飛び回る…あれ、危なくないのかしら;カカシに衣装着せてあるのかと思ったらほんとに役者さんが飛んでたみたいですね。
○ラストシーンは、、、申し訳ないけど( Д )<メダマドコー 。。 ←これが頭をよぎった。
詳しく聞きたい方はすみませんが個人的に聞いてください…

ちょっと何箇所か原作確認しないとなあ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/288-ec98b0fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。