プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the fall
「落下の王国」の感想、だいぶ遅くなってしまいましたが。

ターセム、リー・ペイス/カティンカ・ウンタルー
落下の王国、2006


お話。古きよき時代のアメリカ。大怪我をしたスタントマン・ロイ、腕骨折したヒスパニック系少女・アレクサンドリアと出会い。自殺願望をかなえようと、モルヒネ瓶をとってこさせるために少女好みの物語を舌先八寸、つむぎ始める、のだが。
まずもって泳ぐ象にやられ、そして執拗に出てくる落下のモチーフにやられました。
ひたすらに落下し続ける、その背景となる景色…いや、これはもう風景と建物こそが。
(まともにぱっと見てわかったのはタージマハルとオープニングでちらっと出た万里の長城とアンコールワットくらいだったのですが;)

衣裳が壮大な風景の中であまりにも色鮮やかでくらくら。お姫様の衣装がとにかく乙女心をくすぐります(^^;英雄たちの衣装カコイイ!個人的にダーウィンの毛皮が…。(そしておサルが…)
(でもインド人ってあんなビジュアルでいいん…でしたっけ??汗)
そして、、スーフィースーフィースーフィズム!!!あの廻ってるのってなんとも夢幻的な世界に連れて行かれる気がします。

音楽、あれが「ベト7」なんですね…!!
クラシックってさっぱり曲とタイトルが頭の中で一致してない上にのだめも銀英伝も見てないので…;
メロディがアディエマスの「hermit of the sea rock」(だっけ)に似てるなあ…としばらく間違えてました。

細かい点や考察などはこのへんを参照されるとよろしいかと↓

http://yaplog.jp/fallmania/

すごい!細かい!
DVDが欲しいなあ…と思ってしまっています;
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
ベト7
そうです、あれが、ベートーヴェン「交響曲第7番」の第2楽章です。
ずるいですねー。
第2楽章を使われると、無条件に「じーーん」としてしまいます。
第2楽章は「じーーん」とした、
何と云うか・・・ちょっと葬送曲っぽい音楽ですが、
第4楽章は全く雰囲気を変えて、ガツガツ来ます。
まるで追い立てるような、疾走するような第4楽章も、良いですよー。
【2009/02/11 17:09】 URL | 菊花 #- [ 編集]


そ…そうなのですね!!
そうか、交響曲だと第何楽章かで全く雰囲気が違うのですよね(←今更気づいた)
これはぜひ全て通して聞いてみなければ、です。
この2楽章、まず「あ、これ好き」と思ったのです、泣きのメロディーというか、静かな感じが映画にもぴったりだったと思います。第4楽章、聞いたら、これかー!とわかるでしょうか(>_<)
【2009/02/12 22:33】 URL | 天藍 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/274-f2348f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。