プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホテル・ルワンダ」感想
上映してたのは少し前ですが。かなり内容的には重いので見るのに気合がいるかも(笑)

ホテル・ルワンダ
<内容>1990年代前半、ルワンダ内戦。多数派フツ族の民兵によって、少数派ツチ族の虐殺が始まる。ツチ族出身の妻を持つフツ族出身・西側資本ホテル支配人ポール。ツチ族の人々が彼のホテルに避難してくる。

割と「シンドラーのリスト」あたりと比較される…ようですが。
「シンドラー―」が未見なので比較はしません。
↑今日借りてきたので観てみます

途中、歌ったり踊ったりしてるシーンが出るたびに(いや、「踊るマハラジャ」みたいなんじゃないですよ・笑)「楽しそうだなアフリカ人ー」と関係無いことを能天気に思ったのは内緒です;

(以下ネタバレ)
子供声のコラール(劇中と…ラストも同じ曲?)をはじめ、音響効果の演出が良いと思った。ちょっとしたシーンですが、車の中でのラジオにはやられた。
ラストシーンの止めかたはあまり好きじゃなかったですごめんなさい。

主人公ポール。彼は自らが支配人を務めるホテルにツチ族の人々を何百人も匿い、命賭けで英雄的行為をしてしまうわけですが、徹頭徹尾最後にいたるまで「奥さんと子供を守りたいから」そういうことになっただけで。「弱者を守る」だの「迫害者に抵抗する」だのという大義は持っていないし、そんなこと言う気も無い。結果的に凄い命がけのボランティアをしちゃってても、そういうのってそもそもは「見ていられない」、「自分がやりたいからやる」のだと良く判ります。

「虐殺の映像が流れても、他の国の人間は「怖いねー」と言いながらディナーを続けるんだ」(台詞うろ覚え)

先進国介入軍も国連軍も、現場では何もできない。内政不干渉・殺人禁止の「決まり」があるから。
まず外国人は救出される。介入軍も和平調停の「決まり」があれば撤退する。先進国は、黒人同士の紛争への介入などに爪の先ほども価値を認めない。後に残されるのは何かといえば。虐殺者とその餌食。

ただ、やりきれない気分とともに喉元に突きつけられる。
貴方の国は、人道的罪を見過ごさずに介入する気概をもっていますか。
貴方は、命を賭けて人を守れますか。と。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
TBありがとうございました!
ご訪問・TB・コメントありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。

後味がスカッとするような映画ではありませんが
いろんな方からTBをしていただくたび
これからもずっと
みんなの心に残るような映画になるのではないかと
思う次第です。
【2006/07/24 20:57】 URL | iyahaya98 #mQop/nM. [ 編集]

コメントありがとうございますー
こちらこそ、ご訪問&TB&コメントありがとうございます!

そうですね、日本上映の経緯を知って驚きましたもの。
「シンドラー―」も観ましたが、ホロコーストって有名なだけにルワンダの方が随分生々しさを感じました。。
ウィキペディアで見たらルワンダ内戦って結構長かったんですね…。「知らなかった!」という衝撃もかなり大きかったです、この映画。
たくさんの方に見て頂きたいですね。。
【2006/07/24 21:34】 URL | 天藍 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/26-7ee9fc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ホテル・ルワンダ」~混迷と冷静さと

2004年イギリス/イタリア/南アフリカ監督/テリー・ジョージ出演/ドン・チードル ソフィー・オコネドー ニック・ノルティ    ホアキン・フェニックス ジャン・レノ1994年、アフリカのルワンダでは民族間の対立によって国内は混乱を極め、大量虐殺事件も日常茶飯.. お茶の間オレンジシート【2006/07/24 20:53】

一方通行の重圧@ホテル・ルワンダ

「アフリカの『シンドラー』」という売り文句はとても有効だと思うが、映画自体は『シンドラーのリスト』とはまったくベクトルが違う、予想はできたけど。これは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(間違っても『ゾンビ』ではない)を『ブラックホーク・ダウン』のタッチで描い 憔悴報告【2006/08/07 16:11】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。