プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒蜥蜴」感想メモ
あとでまた書き直しに来ます。


「黒蜥蜴」 美輪明宏、高嶋政宏 @梅田芸術劇場

実は4時間もあるって知らずに行ってパンフ見てびっくらしました;


美輪さん…話が進むにつれて若返ってません??(汗)
それにしてもあの時間差で着物やらドレスやら衣装早変わり、、すごい。ドレスきらきら~

美輪さんが本当に、(芝居自体の巧拙はおいといて;)優美でたおやかで上品で可愛くて。あれは本当に、素敵!って崇拝する人が多いの、わかるわ。
美輪さんの出せる声って結構幅が広いんですね。いつもの(TVなんかでの)しゃべり方が地かなあ、と思うのですがドスのきいた小母様の声やら若めの男の人の声やら。おおお~、と。

三島由紀夫脚本読まなきゃ。乱歩の原作もちゃんと読み直さなきゃ。
(人間椅子と黒蜥蜴の話、児童向けだかで読んだきりなのです)

舞台美術は、美輪さんだなあ!というアールヌーボー的な華やかさでした。でも規模は小造りですね。明智小五郎の探偵事務所だけが明らかに現代のイメージだったよう。
音響はクラシック主体だった印象。照明は派手さはないけどそのぶんきっちり地明かりとスポットで作っていた様子。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/240-8369d010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。