プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリス・クロス―混沌の魔王」感想
クリス・クロス―混沌の魔王

また随分古い本ですねえ…。知ってる方いらっしゃいます?

<内容>
数百人(2の8乗人、だったかな)が同時に楽しめる体験型バーチャルリアリティRPGシステム「ギガント」。ゲームを進めているうちに、現実と仮想の間において、ある狂気が生み出した危機が襲いかかる。

作者の名前は田中なんとか…だと思ってたら「高畑京一郎」氏でした。「た」しか合ってないし。

RPG的な話その1。
今となっては、この本売ってる書店なんてブックオフ含めて見ることないですな(汗)
確かハードカバー版を図書館で借りて読んだんだよなあ。今思うと凄い。読んでしばらくしてから文庫版が電撃あたりから出たような(調べろ)

何もツッコまずに、まずは仮想世界を楽しみましょう。読み始めは、お気楽なエンタテイメントと思って体験型RPGを遊んでいる気持ちで居た方がはまれる。多分。
主人公パーティーご一行のそれぞれの係わり合い、現実の人間と仮想世界での人間との関り合い。仮想世界でも人間同士はやはり、傷つけあったり慰めあったりするわけで。人間にとって一番のエンタテインメントはやはり他の人間と関わることなんじゃないだろうかと。

オチは言うたらあれですよ、荘子です。
このトシになるともうショックはうけませんが、中学生(当時)の私には結構恐怖を感じた。自分の世界はここにあるという信念が崩れる、というのは。

今実際、最新のRPGの映像レベルとか見てると、近い将来ありえそうな話だと。架空であってもある一つの世界の「創造者」である存在は絶対者になりうる。万能感は容易に狂気を呼び覚ます。

最も「記憶」に直結した原初的な感覚は「嗅覚」だそうで。(あ、これ以上言うとネタバレだ)

「周の夢に胡蝶となりしか、胡蝶の夢に周となりしか」
なんてな。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

ほう。知っていますか。
たしかタイムリープでしたよね?
クリス~はどうでもいいですが、僧侶が自分のMPばかり回復してましたね?
【2006/07/07 23:23】 URL | キイロ・ユイ #- [ 編集]


キイロ・ユイさま、コメントありがとうございます。

タイムリープ…?
えっと、今検索かけてみたのですが高畑氏の他作品は未読なのです。。すみません。宜しければご教示ください。
>自分回復僧侶
「クリス・クロス」の登場人物の、でしょうか?あ、ある意味印象深い人物かも(笑)結局どうなったんでしょうね、彼は。
【2006/07/08 20:54】 URL | 天藍 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/22-2570169a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。