プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キサラギ」感想メモ
年末以降に見た映画感想メモ連続投下シリーズ♪


キサラギ  小栗旬・ユースケ・サンタマリア・小出恵介・ドランクドラゴン塚地武雅・香川照之、佐藤祐市

○話全体として。
 映画なんだけど舞台っぽいなあ。
 舞台でやったほうが良い…とまでは言いませんが、舞台でやってもほぼ同じものが作れそう。
 それこそヨーロッパ企画とか、きれいに舞台化できそうだ。(というかやってくれたりしたら嬉しい・笑)
 密室芝居はやはり演出と台詞回しのうまさが光りますね。

○役者さん。
 小栗さん:ごめんなさいアイドルだと思ってたんですよ思わず見直したんですよすみませんすみません。
 「カリギュラ」もパスしちゃったんですよすみません。
 (いや、最近もう蜷川さんについていく気力自体が…ごほごほ)
 家元さん、いい人なんだなあ…というのがとても伝わってきましたよ。
 
 ユースケさん:ごめんなさい、これってミスキャストくさくないですか…??
 ハンドルネームの楽屋オチのためのキャスティング、という印象がどうも拭えません。

 小出さん:ポスターでぱっと見キムタクに見えた私はどうにもアレな件;
 まあそれはおいといて。そういう芝居なんでしょうけど、えらく鬱陶しかったです、「スネーク」。
 話自体の流れまで止まってしまう付和雷同キャラクターになってしまっている、というか。
 
 塚地さん:どうしてもコントの芝居に見えます…;
 キャラクターは良かったと思います。安男が出入りすることで掛け合いは止まるけど話は流れる、という脚本の妙。

 香川さん:ストーリーを支えていたのはやはり香川さんだと思う。
 前半、もうあまりにも怪しすぎて怪しくない(笑)

○エンディングがすきすきだいすき^^
 あの最後で、なんとも「ちょっといい話でした」感が良かったです。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/209-d003f3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。