プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらいまわし本第40回「こたつで読みたいバカバカしい本」
たらいまわし本のTB企画第40回「こたつで読みたいバカバカしい本」
「たら本」がなんと!40回を迎えられたのですね!おめでとうございます~^^

今回のご主催はタナカさん@「一冊たちブログ」です。今の時期にぴったりなお題をありがとうございますー。
(どなたでもご参加歓迎とのこと。主催者様宅へクリッククリック!)

で、「バカバカしい本」…と、いうことなのです、が。
改めて問われると、バカバカしい内容のものって、笑うだけ笑ってすっきりしてそのまんま、ということになりがちですよね…。ほかの参加者様も書いてらっしゃいますけれども。

古今東西アリストテレスからベルグソンに到るまで「笑い」は真面目に哲学され尽くしてきたわけですが(いずれも未読、「薔薇の名前」での聞きかじり。ベルグソンなんてエラン・ヴィタールしか存じません;)、笑いは腹の底から沸き起こるもの、あるいは笑みが口の端に浮かぶもの、または顔で笑って心で泣いて、男を乗せた汽車を送り出して女は涙の襟裳岬。笑いを分析しようとすればその途方もなさが笑いを呼ぶもの。で、…何だっけ。
…ごほごほ。哲学をテツガクしようとしてコケたあたりで、寝正月、否、炬燵正月にふさわしいほんにゃり系からいってみます。

○川原泉「メイプル戦記」(白泉社文庫)
「バカバカしい」というお題からのっけから外れているような気がしますが…(汗)
哲人・カワハラ教授の長編漫画代表作のひとつ。プロ野球の規定改正でできた女子チーム「メイプルス」の葛藤と栄光のお話。
いや、「メイプル戦記」じゃなくてもいいような気がしたのですがね、川原さんなら。
恋愛系少女漫画のような緊張感や感情表現を用意しなくても、少年漫画のような心意気を持っていなくても、いわんや青年誌の濃厚モードに切り替える必要も全くない。寝起きでも半寝でも頭痛起こさずに流し読みできる、炬燵でぼけっと読める、それが私にとってはカワハラさんなのですわ。
「メイプル戦記」の前編にあたる「甲子園の空に笑え!」もあわせてどぞ。

○早川いくを「へんないきもの」(バジリコ(株))
バカバカしいといえばあまりにもバカバカしい、役立つといえば物凄く役立つ、トリビア的「ワケの判らん生物紹介本」。
哺乳類から深海魚まで、世の中こんな生き物がいるのか…地球ってすごいなあ、生態系ってすごいなあ…と間抜けな感動をおぼえてしまいます。
「裸でも象でもクラゲでもない―ハダカゾウクラゲ」
「全裸の覗き魔ではない―ハダカデバネズミ」
「深海で笑う者―オオグチボヤ」
挿絵がまた地味に笑えるナイスジョブ。
そして最後の「ツチノコはなぜ扁平か」が個人的に大好きで賞。

○F,ラブレー「ガルガンチュアとパンタグリュエル1、ガルガンチュア」(宮下・訳、ちくま文庫)
実は図書館で借りてきたばかりの、これからちゃんと挑みます本なのですが。
世界史で習うけど絶対こんな内容だと思わないぜ~、な古典のひとつではないかと^^;
いやあの…世界史では「巨人のガルガンチュアとパンタグリュエルが戦ったり色々する風刺小説」といった感じで習ったような記憶があるんですが…(汗)
まだぱらぱらとめくってみただけなのですが、もう「うんこちんこまんこうんこちんこまんこう(以下略)」(し、失礼)の嵐ですよね(・▽・;
小学生の気分に戻って何も考えずニヤニヤするが吉、か?
宗教改革の大波が瞬く間に全キリスト教世界を被った時代、という歴史的背景とキリスト教の知識をちゃんと把握していればまた教養深くニヤリとできるのでしょうけれど…。
いいじゃん!巻頭に「笑い以外に学ぶものなどない」本、だと宣言しちゃってるんだし!

なんか本当に心底しょーもない本はないかなあ…と思っていたのですが
ううむ、勉強不足。なかなかうまくセレクトできないものです。。ひとまずこんなところで失礼いたします。

☆次回「たら本」のたらいは、なんと私に回ってきました(・△・;
あまりにも大きなたらいをキャッチしてしまい、嬉しくもド緊張しております…
2008年1発目のたらいになるのですよね…!が、頑張ります。
お題はただいま考え中です。皆様宜しければ是非覗いてやってくださいませ^^(宣伝)
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

こんにちは、ご参加ありがとうございます。次回主催も引き受けていただいて感謝です!
そうなんですよね、文字どおりの「バカバカしい」本だと、勧めるのもどうかと思うので、ある程度考えさせるところがあったりするものを選んでしまいがちです。そのあたりのニュアンスは微妙に難しいかも。たぶん「内容」が「バカバカしい」というよりは、「発想」が「バカバカしい」本という解釈でいいんじゃないでしょうか。「へんないきもの」なんかは、その点ピッタリだと思います。
そういえば「へんないきもの」で思い出したのですが、似たような発想の本でレオ・レオーニ『平行植物』とかハラルト・シュテュンプケ『鼻行類』なんて本もありました(こちらは空想上のものですが)。

『ガルガンチュア…』は、僕もいずれ読まなくちゃ、と考えている作品なのですが、いまだに手を出しかねています…。
【2007/12/23 19:04】 URL | kazuou #- [ 編集]

ご参加ありがとうございます
川原泉さんの作品とこたつはよくあう気がします。
人情味あふれるバカバカしさで、読むと暖かい気持ちになりますし。
「銀のロマンティック」も面白かったですね。フィギュアスケートのニュースを見るたびに、あのマンガを思い出します。
「バカバカしさ」というのは、「思いがけなさ」という風にいいかえることもできるかと思います。
「へんないきもの」は、生き物の思いがけなさがあるし、「ガルガンチュア」は古典の思いがけなさがありますね。
「ガルガンチュア」はやっぱり未読なので、いずれ挑戦したいと思っています。
あと、よかったらリンク晴らせてください。
【2007/12/24 02:22】 URL | タナカ #- [ 編集]

>kazuouさん
こんにちは^^こちらこそお世話になりましたー。

>平行植物
レオ・レオーニがこんな本を…!?すごく意外でした。
絵本・児童書しか知らなかったので…。
ぼんやりのんびり読んでみたい本ですね。
「鼻行類」も…すごいすごい!これ、ものすごく面白そうです!
>発想のばかばかしさ
そうですよねー、ばかばかしいことを「発想」すること自体が
とても貴重なことだと思います。
しょーもねえなぁコレ!と大笑いして、ふと考え込むような「バカバカしさ」
がある本、もっと出会いたいですね^^
>ガルガンチュア
超訳解説本「ラブレーで元気になる」をまず眺めて、内容を頭に入れてから読んでいますよー。いきなり渡辺訳は、ちょっと…挫折しそうだったので;
【2007/12/25 18:35】 URL | 天藍 #- [ 編集]

>タナカさん
ご主催おつかれさまですー。
実はちょっと、お題…苦戦いたしました^^;
>思いがけなさ
ああ、なるほど!
意表をつかれる、当たり前と思っていた筋をハズされる、ということでいえば、川原泉を思い浮かべたのはそういうことだったのかな…と思いました。
私もフィギュアスケートを見るたびに「銀のロマンティック」思い出します!(笑)
川原泉さんは、読後感がほんにゃりしていてどこかなぜか切なくて。炬燵にあいますよねー。
>ガルガンチュア
ぜひぜひ!一緒に読みませんか~♪
リンクの件、恐れ入ります。こちらからも後日、貼らせていただきますね。
【2007/12/25 18:46】 URL | 天藍 #- [ 編集]


「へんないきもの」…おもしろそうです☆
ハダカゾウクラゲを検索してると、動画を発見しました!
http://research.kahaku.go.jp/zoology/zoopl-new/n-pl/n-crione/crione.htm
へんな生物の本というと、バージェス頁岩で見つかる、カンブリア期の化石を思い出しました。
スティーヴン・ジェイ・グールド「ワンダフル・ライフ」とか。
あと、架空の動物というと、はるか未来に動物がどう進化してるかを描いた、
「アフター・マン」とか、「フューチャー・イズ・ワイルド」とか、見てるだけで楽しかったです。
未来の世界は、イカが陸上に進出して、ぶいぶいいわすそうです(笑
深海魚はネットではけっこう人気ネタみたいですね。
キモいと言えばキモいし、キレイといえばそんな気もしますw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1274213
【2007/12/26 18:44】 URL | overQ #NUpTSsbk [ 編集]

>OverQさん
コメントありがとうございます^^
返信がおそくなって失礼いたしました!!

>ハダカゾウクラゲ
う、うごめいてます…うごめいてますね…ハダカだけどゾウでもクラゲでもない謎の生物が…(@△@;
仰るとおり、キモいような綺麗なような…
深海生物といえばクリオネ人気が高いようですが、あの羽根っぽい形が可愛いんでしょうかw
そうそう、化石も忘れちゃいけないですね!子供のころ、百科事典の化石のページを眺めるのが好きでした^^;
>イカが陸上に進出
あら、イカがリード権獲得だとは意外な!ww
タコが触手を発達させて道具を使えるようになるんだと思ってました(笑

【2007/12/28 19:48】 URL | 天藍 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/199-3984a697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たらいまわし本のTB企画第40回  こたつで読みたいバカバカしい本

 たらいまわし本のTB企画第40回は「一冊たちブログ」のタナカさんの主催。お題は『こたつで読みたいバカバカしい本』です。  このお正月に、こたつに入ってごろごろしながら読む... 奇妙な世界の片隅で【2007/12/23 18:50】

40?Ĥ??ХХ?

?40? ??Τ??????Υ?š... AZ::Blog ???【2007/12/23 19:04】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。