プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「阿修羅城の瞳」感想
またえらい前に観た舞台の感想ですが、最初の芝居感想文はコレで。
未だに、今まで見た中で3本の指に入るほど酔った舞台。

「阿修羅城の瞳」 市川染五郎・天海祐希・伊原剛志、2003 @大阪松竹座

「里見八犬伝」感想やらでも言及しておりますが。

2003年版「阿修羅城―」です。確かこれが初新感線だったんですよね。

まず何にやられたって新感線のいつものオープニングに流れるジューダス・プリースト。劇場で大音量で流れると最高にイカスんですよ。(後日TS○TAYAで借りてみたものの宅のステレオの普通の音量では満足いかなかった)ここから既にギア最高レベル、凄いスピード感で最後まで突っ走り。

いやしかし、本当に染五郎さんと天海さん(伊原さんも)が綺麗で神々しくて、徹底的に哀しくて絶望的なまでに毒々しかった。
後でパンフやらDVDやら買っちゃいましたよ。大判サイズで贅沢♪おそらくこの芝居で染五郎さんに腰砕けた女子多数。


(以下ネタバレ)


脚本の中島氏も述べてますが、四谷怪談を下敷きにした設定が秀逸。そんな設定どこからきたんだー(泣)劇中劇の色悪・民谷伊右衛門を(一瞬とはいえ)染五郎さんが演ってくださる、着流し立ち回りを見せてくださるんですからこれはもう垂涎ものですよ!着流しの所作の端正さは流石の一言。いいですねえ着物は(何を言っているのか)

天海さんのつばきは一寸姐さん風味でかっちょいい(笑)。「つばき」の部分だけで言えば個人的には映画版の宮沢りえさんのほうが儚げで好みなのですが、「阿修羅」は天海さんがだんぜん美しいと思いました。まさに鬼の王。触れたら消えてしまいそうな鋭い透明な刃のような。舞台で観たときは表情とかよく判らなかったですが、DVDでみなおしてみたらこれがもう!本当に怜悧で闇をたたえて、優しげですらあったかと。
出門とつばき、鬼と鬼殺しとしてお互いを殺すことが誰にも邪魔されず自らの本性剥き出しで愛し合うことだとは…(涙)

伊原さんの邪空、、意外にというかなんというか凄い存在感。単純におっきいのもありますが、出門に対する羨望と嫉妬(というかそれどころじゃない愛情と憎悪)がひしひしと。このお二人の立ち回りシーンはもう必見。

脇役陣は本当に個性的で魅力的(つーか濃い、ほんと)。高田さんの桜姫(このネーミングはやはり「桜姫東文章」なのでしょうか・汗)も鬼に魂を売って入魂芝居を書き続ける南北も。抜刀斎大暴走だし(笑)夏木さんに至っては「出た妖怪!!」な空間の歪み方。(でもなあ…衣装は尼さんスタイルで統一して頂きたかったよう…)

セットは言うに及ばずですが、照明がものすごい凝ってました。細々した仕込をいくつしてあるのか(汗)基本的な照明だけでも半端ない量を使ってる。
色々照明仕込むとねー、操作するのも演技するのも大変なのよー。

DVDで観ても損はしないと思いますがやはり舞台は生で観るべき。それを実感する芝居だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/16-7c2d4ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。