プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらいまわし本TB企画・第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」
きたきたー!たら本第34回、おめでとうございます!
「舞台」という単語を聞くと未だに照明操作室から見た薄暗い舞台(ステージ)を思い出す元演劇部員の天藍です。
今回の素敵お題のご主催は、四季さん。(どなたでもご参加歓迎とのこと。主催者様宅へクリッククリック!)

本を読んでいる時に、「ああ、この場所に行ってみたい」と思うことってありませんか? それはどこかの街角かもしれないですし、雄大な自然の中かもしれません。過去の歴史の中の場所かもしれないし、架空の世界かもしれません。紀行文を読んでいて、思わず旅に出たくなってしまうこともあるでしょう。フィクション、ノンフィクション問いません。本を読んでいて行ってみたくてたまらなくなった場所があれば、ぜひ教えて下さい。もちろん、その本がきっかけで思わず本当に行ってしまった…!というのもアリです。^^
さて、あなたが行ってみたいと思われるのは、どこでしょう?


私の場合、小説の舞台となった(現在の、実際の)場所に行ってみたいと言うよりも、その世界に入り込んで見てみたいというほうが正確なようです。
「梁塵秘抄」(新潮日本古典集成)「無縁・公界・楽」(網野善彦、平凡社)
あたりの絡みで中世日本の「無縁の地」も見てみたいし
「信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」(宇月原晴明、新潮文庫)絡みで
建ってる安土城も見てみたい
「ケルズの書」(B.ミーハン&鶴岡真弓、創元社)絡みで
中世以前のアイルランドも見てみたいし
「女帝わが名は則天武后」(山颯、草思社)絡みで
唐(周)代の長安も見てみたい(あ、「三国志」の赤壁とか宋代の開封とか元代のバグダッドとかでも面白そう)
アルハンブラ宮殿とイスファハンとプラハとコンスタンチノープルは死ぬまでに一度は…(希望)
できればバチカンは一週間ぐらい通い詰めたいデス…(希望)
既に世界史と世界遺産の話になってますね。いかんいかん。

完全虚構の世界だったら、行ってみたいのは
「銀河英雄伝説」(田中芳樹、徳間書店版)
より「ヤン艦隊駐在中の(←これ重要)イゼルローン要塞内部」!!
「航路から外れて迷ってるところを保護された100%民間の商船の乗組員」
かなんかのポジションで。(何それ)
スターウォーズ1の、例の帝国の要塞の名前が脳内で「イゼルローン」に変換されてたのは内緒。だったけど言っちゃった(>_<)
ほんとはなんていう名前でしたっけあの要塞…(汗)
「海底二万海里」(J.ヴェルヌ、福音館書店古典童話シリーズ)
より「ノーチラス号の内部」!!
コンセーユ氏の持ち物として持ち込まれたい(なんだそれは)
いや、ノーチラス号の行く先々にもついてってみたいです。
ヴェルヌつながりでいえば、「十五少年漂流記」の舞台のチェアマン島とか、子供のころあこがれたなあ。
そして何より
「薔薇の名前」(ウンベルト・エーコ、東京創元社)
より「文書館・内部」!!
…入る時間帯は日が沈む前限定で。
世界の秘密を読み解く能力なんぞありませんので殺さないでください。
未だに映画版を観れていません。。あれをどうやって映像化したんだろう!?

本の数だけ魅了的な場所は存在する訳ですが
「本に描かれた場所」って、やはり実物より魅力的に思えるかもしれないです(^^;
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
私も、是非。
はい、実は今回のお題を見て、
「パリ・オペラ座」とか「歌舞伎座の桟敷席」とか答えそうだった
菊花@芝居道楽です。
>ヤン艦隊駐在中の(←これ重要)イゼルローン要塞内部
えーっと。もし行かれるんでしたら、声をかけて下さい。一緒に行きましょう。
あ、そうか。「100%民間の商船」の商品に極上紅茶を入れておいて、
ヤンに差し入れとかしちゃえばいいわけですね。むふふ。
【2007/06/03 23:35】 URL | 菊花 #sw/O2jfA [ 編集]


天藍さん、私も元演劇部ですー~~(/ ̄▽)/\(▽ ̄\)~~
『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』私も読みました。
あそこに書かれている安土城は特に見てみたいですねー。
ああ、タイムマシンがあったら…
そういえば、宇月原さん、新作、出ましたね。
天藍さんはお読みになりました?
そして『薔薇の名前』の文書館!!!
私も行きたいですー。
Mlle.Cさんもお書きになっていたので、
みんなでツアーで行きましょう(笑)
>世界の秘密を読み解く能力なんぞありませんので殺さないでください。
これ、ウケました(笑)
【2007/06/04 10:40】 URL | LIN #- [ 編集]


天藍さんは西洋も東洋もいけるクチなのですね~。うーん、素敵な感性ざます。

あ、天藍さんはヤンがお好きなのですね。
僕もヤンは好きですが、キルヒアイスが生きていた頃のラインハルトに仕えてみたいです^^

薔薇の名前は十代の頃に映画を見たのですが、当時はなんだかわけもわからぬうちに見終わってしまってぽかーんとしてました。本は積んであるのでいつか読んでみたいです^^
【2007/06/04 20:47】 URL | kyokyom #3XNUv4lM [ 編集]


安土城は思いつかなかったです!
模型とか復元図は見たことありますが、本当にあんなアヴァンギャルドな格好をしていたのでしょうか…
ぜひこの目で確かめてみたいですね。
「薔薇の名前」、やっぱり気になりますよね~。
見学ツアーとかやってくれないかな。国会図書館みたいに。
【2007/06/05 00:34】 URL | Mlle C #- [ 編集]

>菊花さん
わーい、オペラ座!私も行きたいです。。
だまし絵の緞帳見てシャガールの天井画見てファントムの洞窟を拝みたいですf(^_^)(あれ、オペラ座でしたよねぇ?)
歌舞伎座は憧れ。花道に一度かぶりついてみたい…むは。
>紅茶
その手があったかー!!
ここはやはりブランデーもみつくろった方がいいですかね姐様?(笑)
ぜひ入りこみましょう!!
【2007/06/05 13:55】 URL | 天藍 #- [ 編集]

>LINさん
演劇部でしたか!嬉嬉嬉ナカーマ(*・∀・)人(・∀・*)イイ!!
(↑いっぺん使ってみたかったらしい)
>安土城
いいでしょ、いいでしょ?
ミノタウロ牛頭天王を見に行きましょう♪
宇月原さんは、実は秀吉以降未読なのです…なんか「信長」だけでお腹いっぱいになっちゃって…。。
いい加減「安徳天皇漂海記」あたり、行きたいのですけど。
>薔薇の名前
あああ、やはり皆様そそられているご様子(笑)
ツアー組みましょう!是非!
【2007/06/05 18:04】 URL | 天藍 #- [ 編集]

>kyokyomさん
ね、ね、ヤン艦隊楽しそうですよね~?
あっでもでも、ラインハルト、格好いいですよねー^^
やはり彼はキルヒアイスがいてこそ花ですわー(←おい)
オーベルシュタインも見てみたいです。見るだけ。
>薔薇の名前
映画版、ご覧になったのですね!
キリスト教の知識が、やはりそれなりに必要なのでしょうか^^;
原作を読んで、キリスト教史勉強しなきゃなあ…と思いましたデス。
やはり、キリスト教徒なら常識なことも、異教徒の私には全くさっぱりで。
読了されたら、感想を是非!!^^
【2007/06/05 18:16】 URL | 天藍 #- [ 編集]

>Mlle Cさん
>安土城
あの安土城は凄いですよねー。
外周から地下から天守最上層までくまなく見て回りたいです^^
当時の世界では、もうとんでもない建築物だったんでしょうねえ。
>薔薇の名前
ええもう、本で最初に平面図見たときから大興奮でしたから。
外観の描写でもう叫びそうでしたから。
図書館という存在からして大好きですので!
ツアーで!是非!行ってみたい!です!
列からはぐれてしまったら生死に関わりそうな気がしますが…^^;
【2007/06/05 18:29】 URL | 天藍 #- [ 編集]


天藍さん、こんにちは! ご参加ありがとうございます~。
「薔薇の名前」は、読もう読もうと思いつつ未読なんです。
文書館、魅力的なんですね?
私も図書館は大好きなので(好きが高じて職場にしてしまったほどですし)
ツアーがあればぜひ行きたいです!
それまでに本を読んで予習しておきます。(笑)

唐代の長安もいいなー。コンスタンチノープルも行きたい!
「イスタンブール」もいいんですけど、「コンスタンチノープル」という名前がまた好き…
「イラン」の場合は、断然「ペルシャ」希望です。(笑)
【2007/06/06 06:18】 URL | 四季 #Mo0CQuQg [ 編集]


バグダッド、安土城、ノーチラス号、
ヤン艦隊駐在中の(←これ重要)イゼルローン要塞内部、「無縁の地」
ケルズの書の修道院、人肌のような羊皮紙の匂いただよう図書館
…どこもとても行ってみたいですヽ(´ー`)ノ

どこも、あれですね、アダバナ(笑)
歴史のうたかたに、突然花開く、サカイの地。
一瞬の架空の中心。夢の都。
ありえぬはずのものが出現してしまった、瞬間のサカエ。

ふだんは端っこに置かれてた無数の夢のかけらが、
ふいに集って、作り上げた架空のジグソー。
むりやりな寄せ集めなので、たちまちに滅んでいく。
そのせいで、かえって、人のカタリの中で、
本当にあるべきだった形を取り戻すようです☆
【2007/06/06 18:37】 URL | overQ #mQop/nM. [ 編集]

>四季さん
コメントありがとうございます^^遅くなってすみません!ご主催おつかれさまですー。

>薔薇の名前
あら、四季さんが未読とは、意外ですわー。
もうね、あの文書館は凄いです!…って私が建築物とか平面図とか好きなせいかもですが。。
図書館が職場だなんて!羨ましいい~。
キリスト教関係のくだりが私には難しかったので、色々ご教示頂きたいです(^^;)ヾ

そうそう、「イスタンブール」ではなく「ビザンティオン」か「コンスタンチノープル」!
「西安」よりも「長安」!なんですよ!!(力説)
「ペルシャ」って響きは素敵ですよねええ…
ぜひぜひツアー組みましょう!^^
【2007/06/08 18:36】 URL | 天藍 #- [ 編集]

>overQさん
コメントありがとうございますー。
この記事のタイトルが「たらまわし~」になってたことに今気づきました(>△<;)何をまわしてるんだか。

>ありえぬはずのものが出現してしまった、瞬間のサカエ。
ああ、そうか!ご指摘のとおりですねー。
むしろ、いまや「カタリの中にしか存在しない」場所、なわけですね。
夢か現実か、最早確かめるすべのない場所。白昼夢。
物ガタリの中でこそ輝くもの。
なんだか、「滅びの美学」というとあれですが、
はかなさの真骨頂といった印象です^^
【2007/06/08 18:55】 URL | 天藍 #- [ 編集]


天藍さん、こんにちは。大変遅くからすみません。
>小説のその世界に入りこみたい。
というの、分かります。私もです。
安土城は、実際に見たい!たぶん日本のお城とは思えないようなエキゾチックな感じだろうと想像しています。
安土城のあった山に何度か登った事がありますが、つわものどもが夢のあと・・・ってかんじです。ひっそりと静かなのでタイムスリップしてしまいそうなんですが。。。
>アルハンブラ宮殿とイスファハンとプラハとコンスタンチノープルは死ぬまでに一度は…
あ~、天藍さん!!私も憧れます。
特に、最近プラハ熱に罹ってます~。(*^。^*)
【2007/06/14 11:03】 URL | ワルツ #iqjaFQqk [ 編集]

>ワルツさん
お久しぶりです~~~^^コメントありがとうございます!

>安土城
見たいですよねー!外観から中から、どんな感じだったのか想像するだに興奮です~。
現在の安土城跡。「つわものどもが夢の跡」ですか…。いいですねええ(悦)
一度安土は行ってみたいです。タイムスリップしたいです^^

プラハ、是非是非ご一緒させてくださいませ!
チャペックをコンプリートしたいなあと思っているのです、最近。
モルダウの流れに沿ったプラハの石畳、歩きたいです~(><)
picoさんもチェコ本、あげてらしたですよねー。いいですよねえ、プラハ。
【2007/06/14 20:30】 URL | 天藍 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/155-bf29c2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たらいまわし・本のTB企画 第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」

たら本、ちょっと久しぶりの参加です。主催はとてつもない本読み、四季さん。 本を... てらブログ【2007/06/03 22:23】

たらいまわし・本のTB企画 第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」

たらいまわしでお題が決められ、本を紹介していく「たらいまわし・本のTB企画」略して「たら本」。今回のお題は、「Ciel Bleu」の四季さんからの出題です。<参考>★記念すべき第1回「たら本」は、overQさんの「AZ::Blog はんなり、あずき色。」★★「たら本」のデータベ 時々、読書感想文。【2007/06/03 23:29】

たらいまわし企画・第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」

全国のたらいまわしファンの皆さま、こんにちは。第34回たらいまわしの開催です。今回は、読書記録の檀さんからたらいを受け取ったワタクシ四季が、僭越ながら主催者を務... Ciel Bleu【2007/06/04 05:30】

たらいまわし企画・第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」

やってきました、たら本です。今回の主催者様はCiel Bleuの四季さん。 くるくる日記【2007/06/04 20:17】

たらいまわし企画・第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」

主催者持ち回り形式のTB企画。毎回、提示されたテーマに沿って本を紹介していくというものです。今回の主催はCiel Bleuの四季さん。本を読んでいる時に、「ああ、この場所に行ってみたい」と思うことってありませんか? それはどこかの街角かもしれないですし、雄大な自然 Le Journal de La Princesse frivole【2007/06/05 00:28】

アルハンブラ宮殿について

アルハンブラ宮殿アルハンブラ宮殿は、イベリア半島での最後のムスリム政権であるナスル朝時代に建設された壮麗な宮殿都市である。スペインのグラナダにある。「アルハンブラ」とは、アラビア語で「赤い城塞」を意味する「アル=カルア・アル=ハムラー」( ?????? ??????? 世界遺産に行こう【2007/06/06 16:23】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。