プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図書館の魔女」感想
図書館の魔女 高田大介、講談社(メフィスト賞)

この本、まず実物を見たときにちょい怯むと思います…一応、ご覚悟のほど。
具体的にいえば上下巻のそれぞれが京極さん1冊と思っていただければ。。

図書館を舞台にした小説として
今までは「薔薇の名前」と「バベルの図書館」が不動の私的ツートップだったのですが…もしかしたらここにこの「図書館の魔女」がわりこんでこようとするかも。

・あああ。あああああ
・ものすごくざっくり言えば、巨大な塔である図書館の中で「ICO」をやってるイメージ
・いや後半の舞台は海を越えた大陸ですけども
・高田氏のご専門は対照言語学だそうで 学生時代に最も不得手な科目が文法だったわたしはなんか申し訳なく
・マツリカ様が可愛くって仕方ない
・キリヒトとマツリカがずっと手をつないでるシチュエーションを生み出すのに、そうきたかと
・(´;ω;`)

・・・・
言葉は守るに難い。脆弱なものだ。ひとたび疾風が吹けば飛んでしまうようなものだ。これを守るには不断の労苦が要る。だがその労苦を払うものが尽きない限り、言葉は死なない。(下巻pp.770)
スポンサーサイト
バカロックオペラバカ『高校中パニック! 小激突!!』感想ー
大パルコ人② バカロックオペラバカ 『高校中パニック! 小激突!!』@大阪 後方下手側

<作・演出>
宮藤官九郎
<出演>
佐藤隆太 勝地 涼 永山絢斗 他

(以下折りたたみ)
[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。