プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽く自分を追い込んでみたり
20060929000037
CD置場が凄いことになってきたので棚を買えと。
昨日の運勢で「模様替えが吉」って書いてたし(笑
どのCDが誰のか判りますかね?ジェイムスブランド目立ちますねえ(;^_^A
スポンサーサイト
久々に音楽話
Coldplayを。

今までちょこちょこ言及してたわりに話題にしたことはなかったなあと。
久しぶりに「静寂の世界」を聞いたら1曲目のイントロをMUSEの「Absolution」のイントロと間違えた。違うって。
正直1作目のアルバムを試聴したときは大して好きじゃなかったのです
(当時レディオヘッドが自分的ブームだった所為もあり)
「X&Y」は今年の上四半期のヘビーローテーションでした。日本版の発売ちょっと前に最寄のCD屋でかかっててずーっと耳を澄ましてたんだよねえ(挙動不審)
「Fix You」が凄く好きでしつこく聞いてました。
こういうちょっと鼻にかかった硬質な声が好きらしい。
どっか厳しく清冽な印象です。良いです。
おっと、そういえばボーカルの人の名前しらないぞと。(調べろ)

<追記>調べた。クリス・マーティン…ってグウィネス・パルトロウの旦那さん(仮)ですかい(知らなかった。思わず茶を吹きました)
方言を少々。
ども。首都圏でその辺の子供が語尾に「さぁ」とか「じゃん」とかつけてるのを聞くと矢鱈腹が立つ地方人天藍です(笑)
地元の方言…。いや汚いですよ?ほんとに。

・なぶる(嬲るではなく触る)
・はよしねま(早よう死ね(関西弁訳)ではなく早よぅせぇや(関西弁訳))
・じゃみじゃみ(京極夏彦氏の最新作…ではなくTVの砂嵐の絵画的表現)
・おぞい(古いダサい汚い役に立たないうざいその他の意味を文脈によって適当に含む便利な言葉)
・のくてぇ(全国アホバカ分布を作ったらどちらにも入らない「のくてぇ圏」だったらしい(笑))

その他色々。地元の人間はかなり高い確率で標準語だと思ってるよなあ(苦笑)
おっちゃんおばちゃん以上の年代になると最早何語か判りません。
ていうか、敢えて言うなら文字化すると関西弁にわりかし近いと思うのですがアクセント重視の方言のため凄く聞き取りづらいらしいです。
(なんとなくアクセントは宮崎とか福島とか近いような気がする)
お隣の若狭や加賀は京都弁に近いと思うのですが…何故(汗)
他のブログを拝見すると「なぶる」は滋賀(の一部?)でも使うようですねー。流石お隣。

やはり方言ネタは熱く語れますね!

FC2トラックバックテーマ「前のブログに一言」
えと、本日はFC2トラックバックテーマで。
私が見た時点で一番下にあった「おなじみの短い手紙」さまに伺いました♪

うひゃー、凄く洋楽にお詳しい方のようで!!
うちの今日のBGMが先日に引き続きCOLDPLAYなのごめんなさいって感じです。
おっと、FC2でブログを始められたのが私と同時期みたい。ちょっと嬉しい(^ ^)

私の次、どんな方だろう。本や音楽や舞台がお好きな方だったらとっても嬉しいです。



…「和みサカナ」さまとぶつかったようなのでこちらもお邪魔してきます。
よしなしごと(4)
今日帰り道、金木犀の匂いがする気がした。
今年は秋が来るのが早い気がする。
あっという間に紅葉の季節になっちゃうんだろうなあ。
時が経つのは早いものだ(遠い目)

どうでもいいけどKAT-TUN(あってる?)が誰が誰だか判りません。
あああ、年取ってきた翔子証拠かも(笑)
よしなしごと(3)
凄い風ですね。台風きてんの?
昨夜から今朝にかけて、風の音で何度か目がさめましたよ。
とりあえず人的・物理的被害が出なければ…
(仕事柄そういうのちょっと大変なことになったりすることもあるし)

先週誕生日だったんですが、滅多に繋がらない方から偶々独り言メールを頂いたりして少々驚きました。
何かの占星術だかの本に書いてたのですが、「誕生日周辺はバイオリズム的に幸運期」だそうで。ほんとか?
なんとなく自分の中で盛り上がるから、とかそういう気分の問題じゃなくて、かしら(^ ^;)
「かもめ食堂」感想
かもめ食堂  荻上直子、小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ


いやあ、フィンランドっていいなあ。。空気が突き抜けるように綺麗そうで町並みも美しすぎず(褒めてる)やわらかい感じで、森も海もあって。
実にゆったりまったりいたしました。

「ヘイフラワーとキルトシュー」もでしたが、森と湖と海の国。その辺をムーミンが歩いてそうな風の感覚。行ってみたいです。フィンランド。

いやもう、作中のインテリアもお料理も人々も本当に温かくほのぼのです!

シャケの塩焼き。豚の生姜焼き。トンカツ。卵焼き。根菜の煮物。お味噌汁。おにぎり。
素晴らしい。思わず涎が…

もたいまさこさん謎度最高。小林さんかわいい。豚身昼斗念一発で覚えたよ(笑)そして片桐さんがいなきゃあの空気感は出ないんじゃないかと。。

知ってます?ニョロニョロって電気を食べて生きてるんですよ。
みんな、何かを食べずには生きられないんですね。(台詞うろ覚え)

しかしあの映画館があれだけ人入ってるの初めて見たよ…。
原作を読んでみなきゃかなあ。。
企画に便乗。<2>
今回は「イタリアごろごろ猫記」のねるさまご主催の
たらいまわしTB企画第27回「ウォーターワールドを描く本」
に便乗させていただきます!

 初めての生命は水から産まれ、生き物は水なしに生き延びれない。でも、同時に水の大きな塊は不安にさせる存在でもある。常に流動する水の中で通常のバランス感覚を保つのは難しい(河童や魚は別ですが)。そこには陸とは違う別世界がある、と思ったりするわけです。
そこで、海、川、湖、運河、雨、洪水、台風(結局何でもあり)など、水のある場所「ウォーター・ワールド」を印象的に描いた本を教えていただけたら、とこんなお題にしてみました。


たらいまわし本。略してたら本。皆様ものすごくたくさん本を読んでらして、毎回物凄い数の本があがるのがすごいなあ、と。

では、勉強不足ながらちょこっと挙げてみようかと思いまする。

[READ MORE...]
「陽物神譚」感想
陽物神譚 澁澤龍彦「澁澤龍彦初期小説集」(河出文庫)採録

本の裏側の解説文に「ギリシャ奇譚」て書いてたけど…描写からするとローマですよね…?(汗)

ヘリオガバルス、またの名をエラガバルスという古代ローマの皇帝がいました。
彼は14歳で即位し、18歳で暗殺されるまで、東方の異教を帝国に持ち込み、密儀に耽り、数え切れない男女とセックスすることにしか興味の無い奇人でした。性転換手術を受けたとも言われています。
このヘリオガバルスをモチーフにした(と思われる)短編。


(以下ネタバレ)
[READ MORE...]

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

くらしっく・みゅうじっく
musica clasica、でいいのかしら?ねえLunaさん(笑)

以前にも書きましたがクラシックは殆ど判りません(汗)
ていうかメロディとタイトルはそれぞれ別個に知ってるけど一致しない曲って結構ありますよね?
モツアルトさえ名前と曲が一致するかはかなり怪しいなあ。
はっきり判るのはピアノ協奏曲20番2楽章ぐらいだ(やった芝居で使った為。これまた内輪なネタだねえ・爆笑)あとはトルコ行進曲とかアイネ・クライネ・ナハトムジークくらい?
↑っていうか今確かめるまで22番2楽章だと思ってた(最悪)
↑そういえばめちゃめちゃ難しい曲らしい、って聞いたのですが…本当?メロディはわかりやすいしゆったりめだと思うのですが。
再掲します
「ゲド戦記感想」の記事は原作版の感想文です。

ジブリ映画の感想をお求めになってこられた方には本当にごめんなさいです。
「ゲド戦記 感想」でyahoo検索すると検索結果の2番目に出てくる(9月3日22時現在)所為かアクセス数がえらいこっちゃになっていて吃驚しております。
なにせ5巻纏めての感想文なのでよく判らない文章になってるし(今日読み返してみて驚いた)原作版感想をお求めの方にもあまり参考にならないかも知れません(汗)すみません。
ソラノアオ。
20060903200937


見えるかな?鳥じゃなくて飛行機です。
ちょっと感動。
「RENT」感想
RENT クリス・コロンバス監督

RENT.jpg



↑サントラ買っちゃいました。

のっけから歌に引き込まれました。劇中劇みたいな構成なのかと思ってしまいました…。ゴスペルって結構いいかも。
ミミ演ってた女優さんの歌声が、どっかできいたことある、ような気がする…

「夜の建物」の映像はハリー・ポッターと通じるものがあるかも。

これは映画館で見るべし。マジに。
(といいながら地元で公開終わってしまってから書くな)
へ?(ぽかーん)という部分がなんだか最後にありますが、とにかく歌聴くだけでも見る価値ある、と、思う。作曲者は天才だ(サントラによれば最近亡くなったそうですが)
日本の田舎にいる私にはさっぱり判らない部分は多いのですが、どこか痛い部分で感覚を共有しあえると言うか。

みんな本当に刹那的なんだけど、ポジティブかつ温かい印象を残すのはエンジェルの賜物でしょう。

No other road,   他に道はない
No other way,      他に方法なんてない
No day but Today.    ただ、今日があるだけ
(歌詞引用、拙訳(いいのか?))
もう秋なんですね。
なのでテンプレート変えてみました。
シンプルシンプル。

「のだめカンタービレ」読んでます。
やばい、面白いわ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。