プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいい音楽話。
本日の音楽はCOLDPLAYの「静寂の世界」で(古いかな)。
関係無いけどオアシスのベスト盤が出るそうですね。どうなんですかね。
オアシスといえばかなり前にブラー(だったと思う)との確執というかライバル関係勃発→90年代UKロックの隆盛→淘汰衰退、というのをネタにしたドキュメンタリータッチのミニシアター系映画を見たのを思い出しますがタイトルを思い出せません。
ブラーなんて年単位で聞いてないのですがまだ解散してないのかしら?
UKでもポップスはベッカム選手の嫁がいたグループ位しか思いつきません(最低)
そういえばエンヤとかアディエマスは英国ですかね?なんとなくケルト系だと思うんですがアイルランドになるのかしら。
とか言いながら今のところ一番好きなバンドは米国産なんですがね。

ガーグルベース様で音楽の話が出ていたんで触発されました。

スポンサーサイト
どうでもいいことその1.

おっちゃんおばちゃん高校生集団の自転車は

なぜあんなにゆっくり進むのか。


ヘドウィグ(音楽)
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ オリジナル・キャスト・レコーディング

hedwig.jpg



コレですー

あわれ彼女は娼婦→三上博史→ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、つながりで。
深津絵里つながりネタはまたの機会に(笑)

ブロードウェイ版音源。J・キャメロン・ミッチェルのヘドウィグがライブで聴けます。
いやあ、すばらしい!
映画版を観たときは「愛の起源」が大好きだったんですが、音楽だけで聞くとそれ以外のほうが良い。ヘドウィグの搾り出すような叫びに揺さぶられる。

ただ、このCD…南米密林書店で注文したんですが「物が確保できなくて発送が1~2週間遅れます」っていうお知らせが3回ぐらい来たってのが(汗)そんなに在庫が少ないの?


「アラビアの夜の種族」感想
ようやく感想まとめました。ご存知の方いらっしゃいますか…?

アラビアの夜の種族 古川日出男、角川書店

<内容>ナポレオン侵攻前夜、カイロ。侵攻を食い止める一縷の望みとして物語られつづける「災厄の書」。物語と物語、物語と現実が交錯する。


RPG的な話その2。いや、この話自体はRPGな設定でもなんでもないのですが。

アラビアンナイトな構成というか、劇中劇ならぬ話中話(とは言わないか。)が延々語られるという構成。
RPGっぽいな、というのは作中でずっと語られる物語。中東風味ファンタジー系RPGのゲーム本編前設定挿話というかダンジョン部分小説化というか。

言葉の海に呑み込まれます。怒涛のように連なる言葉から離れられなくなりました。ものすごく長くて(無駄なほどに。ホワイトハートとか富士見ファンタジアあたりに慣れた人は多分挫折する)、単語の渦に慣れてないと少し辛いかもしれないですが。

とにかく作中物語の続きが気になって気になって。作中の「現実」に戻ると、政治闘争やらナポレオンやらはいいからアーダムは、ファラーは、サフィアーンはどうなるんだー!!と。まさに「アラビアの夜の種族」の一員になっちゃいますよ。

(以下ネタバレ)
[READ MORE...]

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

脳みそ溶けてます。
汗疹できた。
澁澤龍彦短編集を読んでおります。
今更「大人のぬり絵」に手を出してます。

以上、本日の日記。
THE ERASER
20060818224133
RADIOHEADのトム・ヨークのソロCD。非常に仕舞いにくいです(笑)
「あわれ彼女は娼婦」感想
「あわれ彼女は娼婦」見てきました!
感想書くスピード、私にしちゃあ異例の速さです(笑)
(加筆訂正しました・8/17)

あわれ彼女は娼婦 蜷川幸雄・三上博史・深津絵里、2006・8 @シアターBRAVA!

初・三上博史!
三上版「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」が関東でしかやってない(違ったっけ)&即SOLDOUTのため断念したのすげえ悔しかったんすよ。

<内容>中世パルマ。実の妹アナベラを愛してしまった青年ジョバンニ。罪だ破戒だ地獄に堕ちると修道士ボナベンチュラに諭されるもお互いに気持ちを告白し、愛し合うようになってしまう。幸せな時は長く続かず、アナベラの妊娠が発覚し…。

お兄様~~~~~(T△T)~~~~~~!!!

(以下思いきりネタバレ)
[READ MORE...]

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

「あわれ彼女は娼婦」追加。
感想はコチラ

20060817175439


脚本の方を借りてしまいました(馬鹿)
欧州同時代の劇作集。ビバ図書館。
「あわれ彼女は娼婦」、作者はジョン・フォード。
シェイクスピアより台詞簡潔明瞭な印象。



身近な出来事に真理が宿る。
以下、タイトルと何の関係も御座いません

○職場のパソコンのパワーオンボタンを押すと起動後電源が落ちる件。
○携帯からブログにコメントすると文字化けする件。
○4日連続で黒猫が目の前を横切った件。
○帰宅したら玄関前道路で猫が腹丸出しで寝っ転がってた件。

「陰摩羅鬼の瑕」感想
京極堂祭りとりあえず一時打ち止め宣言。

陰摩羅鬼の瑕 京極夏彦、講談社(新書版)

今回の薀蓄は存在論、儒教と葬送儀礼、というところか?
榎さんがどうも、なあ・・。調子が宜しくなくて寝てばっかりでつまんないよう。(の割に訳が判らないという…)

(以下ネタバレ)
[READ MORE...]

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

強制バトーン
強制バトン頂きましたー☆
強制執行いってみます。


【強制バトン】
『見た人は強制的にやらなければいけないバトンです。
 やらぬとすれば、債務不履行として、訴訟します。』


[READ MORE...]
「人生バトン」頂きました♪
Lunaさん宅にてご指名を頂きましたので回答いってみまーす。
[READ MORE...]
企画に便乗。
ワルツさまご主催の企画
たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 
に便乗させていただきます!

好きなキャラクター…あえて絞り込むとすると、難しいですね。。
今時点で思いつくままに並べてみますかね。


[READ MORE...]
「絡新婦の理」感想
絡新婦の理 京極夏彦、講談社(新書版)

「うぶめ」と同じく「じょろうぐも」と一発で読めるほうが異常ですねこれ(笑

ジェンダー、セックス、娼婦。カバラ、魔女、キリスト教、悪魔。
これだけのモチーフだけ並べてみると西洋的な印象ですが。視線を導かれてその先にある理、その糸を紡ぎだす蜘蛛は、実に古の日本の神々なるもの。そのもやもやとした世界は、実に日本的な。
ことによると「魍魎―」に勝るとも劣らぬほど好きかもです。

一気読みしたら確か8時間弱かかった記憶が。(するなそんなもん)

(以下ネタバレ)
[READ MORE...]

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

小噺を一本。
今宵の月は巨きな水盤のようであり、実に大きく、白っぽい。
どこからか玉笛の音が微かに聞こえる。

[READ MORE...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。