プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図書館の魔女」感想
図書館の魔女 高田大介、講談社(メフィスト賞)

この本、まず実物を見たときにちょい怯むと思います…一応、ご覚悟のほど。
具体的にいえば上下巻のそれぞれが京極さん1冊と思っていただければ。。

図書館を舞台にした小説として
今までは「薔薇の名前」と「バベルの図書館」が不動の私的ツートップだったのですが…もしかしたらここにこの「図書館の魔女」がわりこんでこようとするかも。

・あああ。あああああ
・ものすごくざっくり言えば、巨大な塔である図書館の中で「ICO」をやってるイメージ
・いや後半の舞台は海を越えた大陸ですけども
・高田氏のご専門は対照言語学だそうで 学生時代に最も不得手な科目が文法だったわたしはなんか申し訳なく
・マツリカ様が可愛くって仕方ない
・キリヒトとマツリカがずっと手をつないでるシチュエーションを生み出すのに、そうきたかと
・(´;ω;`)

・・・・
言葉は守るに難い。脆弱なものだ。ひとたび疾風が吹けば飛んでしまうようなものだ。これを守るには不断の労苦が要る。だがその労苦を払うものが尽きない限り、言葉は死なない。(下巻pp.770)
スポンサーサイト
「ペンギン・ハイウェイ」感想メモ
メモが出てきたので置いておこう


・アオヤマくんが。が。。
 理屈っぽいこまっしゃくれた子なんだけどちゃんと男の子してるのがいい。冒険したりとっくみあいしたり全く可愛いな少年。
・しかし男の子ってあんなおっぱいおっぱい考えてるもんなんかww
・最後はほんとにほろっときた。ああ君、ほんとにお姉さんのこと好きだったんだね…
・読了後、アオヤマくんをだきしめてぐりぐりなでこしてやりたくなる
・そいえば結局、新興住宅街という閉じた世界から舞台が出ないんだなあ。たぶんあそこも一つの異世界なんかな。
・まわりの大人の人がみんなちゃんとした大人で魅力的で良い。
・傘を開けばペンギンが生れて空を飛び、謎の生き物が森を走る。コーラの空き缶と花を咲かせる植物たち、「海」の茫洋とした存在感と変幻自在の水の触手。いやー森見さんさすが。
「疫病の世界史」上巻後半まとめ(自分用メモ)
W.H.マクニール 疫病と世界史上巻 中公文庫
個人的知識もいっしょくたになってますので注意
[READ MORE...]
「天地明察」感想 ※本のほう
ようやく2010本屋大賞を読んだので箇条書きメモ。
(追記)映画化されるんですね…岡田くんと宮崎さんか。。岡田くんはともかく宮崎さんはなんか違う気がするなあ個人的には。いや宮崎さんならうまく演じるか?)

(以下ネタバレあんまりないかもしれません)
[READ MORE...]
「the road」
そういえば「ロード」の綴りってこれでよかったっけ?と一瞬迷いました。(中学英語やりなおしてこい)

映画のほうじゃなくて原作本を読んでみました。
映画の予告で少し惹かれたのですがそれ以上に恐れをなしてしまい;
図書館にあったので借り出してみました。
いつもどおりまとまらない感想なので箇条書きで。
密林書店のレビューではけっこう好評なのですが…うーん…


「ザ・ロード」 コーマック・マッカーシー (著), 黒原敏行 (翻訳)


[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。