プロフィール

天藍

Author:天藍
本や映画や舞台の感想など書いてます(たまにね)。うーん、偏ってますかね方向性。お薦めなどあったら教えてくださると嬉しいです。

ソラノアオ。の…
60%は童子についてで出来ています
25%は夢の宇宙誌で出来ています
8%は太陽王と月の王で出来ています
4%は思考の紋章学で出来ています
3%は黒魔術の手帖で出来ています
(「ドラコニア解析」より)

BlogPet

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ソラノアオ。
本、映画、舞台の感想と日記など。かなり偏っていると思いますが同好の士求む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉈切り丸」感想
ひさしぶりに舞台見た。
(「ムサシ」とはしごしたんですがもうやらん、やめとこう…ハシゴは時間が押して仕方ない…)
東京公演はどんな感じになるのかなー。
そしてやはり、リチャード三世というキャラクターはとても魅力的なんだなあと。

「鉈切り丸」作:青木豪 演出:いのうえひでのり 出演:森田剛、生瀬勝久、若村麻由美、麻実れい、成海璃子 他
@大阪オリックス劇場 2F上手桟敷席

お話:「リチャード三世」の薔薇戦争を源平合戦に翻案。源範頼=リチャード、な位置で。


音楽がすごく好きだった。
いつもの新感線みたいにロックかと思ってたので意外だった。
カーテンコールでようやくわかった、、な、生演奏だったんですか!!

・森田さん、声が少年っぽくて年齢設定的に「おぉ?」とちょっと思った。そうか普段のトビアスが地声だったのねえ しかし今回も足に障碍のある人の役っすか、、足引きずりっぱなしで動きっぱなし、すげえよ
衣装が原色の赤で模様なし(っぽくみえた)のが鉈切りひとり、という演出はすてきだとおもう。
・生瀬さんさすがだわ、台詞言ったり動いたりするたびに全部もってくんですよ… 
・義経かわいいいいこいいこ
・麻美さんうつくしいわ ほんとに生き霊ですよあれは 生身の人間があれ演れるのか!
・弁慶さん、台詞がききとりやすくて立ち回りもきれいですごいなあと思ってたらちばさんでしたか。
・若村さんの政子さん、このひとが話を支えてる。
・秋山さんは出番の回数的にもったいないと思った。結局疫病神を自分の手に掛けることができなかったね…あの恨みはどこいった。
・成海さん、初舞台だそうで。せりふは聞き取りやすくてすげえと思ったけど、声をはりあげるとだいたい同じ感じになっちゃうのと動きがやっぱり舞台じゃないねー…長刀が持ってるだけって感じに見えてね…

あとこれは脚本の批判になっちゃいますが
巴さんがおとなしく鉈切りに従ってた理由がいまいち補完できてないのと、あとね、「きよさん」が元女武者に見えないんだ…ふつうの娘さんに見えたんだ…
あれかな、前半が源平合戦を丁寧に読み返してる感じだからか。

リチャード三世といえば名台詞
「馬を引け!かわりにこの国をやるぞ!」
なのですが、展開的にこの台詞ないのかと思った;そうきたか!
いや、でもなあ個人的にはこの台詞って
完全に積んでる戦場において「いるかいないかわからない味方」に必死に呼びかけるからいいんじゃないかと思うのですが。がが。
いっそイトさんに呼びかけるとかでもおいしいかなと思ったりもしてしまった。
いや脚本の流れ的には鳶に呼びかけるくだりにしたいよなと思うけども。

最後の締め台詞がとても好き。
そう、記憶は消えるんだよね。歴史は記録がすべてなんだよね。華が無かろうが醜かろうが美しかろうが、記録に残らなければ存在すらしなかったことになっちゃう。
ただ、これは脚本の批判になっちゃうのですが鉈切りが上り詰めてからの転落っぷりにもっと尺さいたほうがよかったんじゃ…シェイクスピア版の「リチャード3世」もそんな感じで王位についてから一瞬だったっけ?(ちょっと今手元に本がないので確認できない;)
せっかく頼家と実朝が生き残ってるんだから彼らが討伐軍としてやってくるのかと思ってた。

そしてラスト場面は水芸(違)なのねー。1幕からなんか平台の端っこのほうとか濡れているように見えたのですがあの中身、池だったのか…!そして終幕~カーテンコールの間に元に戻るよすげえ!

照明、今回は客席に向けて照らされるものがかなり多用されてて。使われてた回数が結構多かった印象なのですが、1階席だとかなりまぶしいんじゃないだろうか?2階席だったんでどっちに照明が向いてるかよくわかってなかなかおもしろかった。
でもなあ…2階席からだと舞台上、セットの向こうでいろいろ動いてるのとか(懐中電灯ががが)大道具を動かす音とか結構わかりますね…
あとすみませんが直垂って裾や袖の捌き方になれてないのがはっきりわかっちゃうんだなあと。。花道を役者さんが走るとなんか全体的にばたばたしてる印象になっちゃうので。

いやしかしよく源範頼をもってきたわ!史実が不自然なほど残ってない人物ですよね…
無個性な、薄い人物として記録にとどめられた理由、として描かれたもってきかたが上手いなあと思った。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
はじめましてこんばんわ
 自分も先日「鉈切り丸」見てきたんで、ちょっとお邪魔します。
 生演奏なのは劇団☆新感線のRX公演と同じですけど、篳篥とかあって新鮮でした。
 巴がナダキリの言いなりになったのは、寺に預けた義仲との子を守るためなわけですが、後半その辺の話でませんでしたな。イトさんと二人してナダギリを恨むための生き物になっていった気がします……恐ろしい話ですが
 戯曲本買ったのですが、青木豪さんの出身地が源範頼ゆかりの土地だったらしいです。で、いのうえさんから「リチャードで源平合戦」ってオーダーが来て思いついたそうな。うまいこと落とし込んだもんですよねぇ
【2013/11/22 02:48】 URL | 金目 #- [ 編集]

はじめましてー
大阪公演感想みてくださってありがとうございますー。東京公演いかがでしたか?
音楽、和楽器がとても合っていて印象深かったですよね。
そうですよね…お寺に預けた子供さんどうなった。もしかしたら子供の消息も教えてもらえず、巴さんは内に内に恨みをこもらせる一方になってしまったのかな、と、コメント拝見して思いましたです。
ただ、これは欲を言ってしまうのですが、鉈切りは巴さんをリチャード三世ばりにくどき落として欲しかったなあと。恐怖で縛るよりも。(古田新太さん版の感想を昔かいてたのねわたし→a href="http://tenran60sora.blog71.fc2.com/blog-entry-270.html
それにしても、「リチャード三世で源平合戦」って思いつくいのうえさんも凄いです…!
【2013/11/22 20:51】 URL | 天藍@管理人 #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenran60sora.blog71.fc2.com/tb.php/313-f2c38de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。